坂本龍馬 龍馬 墓

坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓は
高台寺の駐車場の坂道をさらに登った
京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)にある。
墓のほかに陵内には二人の銅像が立てられている。

 

坂本龍馬は1835年(天保6年)11月15日に土佐(現在の高知県)で生まれた。
1866年に薩長連合を成立させ、海援隊を組織。
新しい時代を構想し世界の情勢や貿易の必要性を唱え、
大政奉還に大きな役割を果たした。
1867年(慶応3年)11月15日、
京都の近江屋で中岡慎太郎とともに暗殺された。
享年33歳であった。

 

また明治維新史跡「旧霊山官修墳墓」には
明治維新の新政権誕生に尽くした
頼三樹三郎・梅田雲浜・吉村寅太郎・平野国臣・久坂玄瑞など
幕末の志士1043名の霊(みたま)が祀(ま)つられている。

 

ほかにも明治以降の日清戦争と日露戦争・太平洋戦争などの
戦死者を合わせ、約73,000柱が祭神として祀られている。

 

霊山歴史館には幕末の資料が展示されている。
高台にあるこの龍馬の墓からは、
八坂の五重塔をはじめ京都の街が一望できる。

 

京都霊山護国神社
 京都市東山区清閑寺霊山町1
開門=午前8時
閉門=午後5時

 

霊山歴史館
開館時間=午前10時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)